私の一押し漫画は、週刊少年ジャンプで連載している「鬼滅の刃」という漫画です。大正時代が舞台です。人を食べる鬼がいて、鬼を倒すための政府非公式組織「鬼殺隊」が暗躍しているという設定です。

 

主人公の炭治郎は家族を鬼に殺され、妹も鬼にされます。妹は鬼にされるも、人を襲わない鬼となり、炭治郎は妹を救うために鬼殺隊に入ります。ストーリーはこんな感じなんですが、何が面白いって、キャラクターの立ち方とギャグセンスです。

 

まず主人公の炭治郎はすごく「長男」なんです。意味わからないと思いますが読めばわかります。簡単に言うと天然のいい子です。一緒に行動する善逸はへたれなのに格好いいし、伊之助はかっこういいのにイノシシをかぶっています。柱と呼ばれる強い人たちももうキャラクターが強すぎるのに、みんななんか印象に残るし、最後には好きになっちゃうんです。敵のはずの鬼ですら、毎回泣けるエピソードがあって、かなり感情移入してしまいます。

 

そしてシリアスな戦いのシーンでもいきなりギャグをぶっこんできます。作者がギャグと思っていないかもしれませんが、何ともあじわいのあるギャグなんです。もう、総合的に好きです。ぜひ読んでみてほしいです。>>>>>姉はヤンママ授乳中in熱海