千代が投稿した記事一覧

プリズンスクール(監獄学園)のドラマ動画をdTVで見る

プリズンスクール(監獄学園)のドラマ動画を見るならdTVがおすすめです。

投稿者:千代

  • 電子コミック

    現代の考古学が好きなキャロルという主人公がエジプトのファラオと恋に落ち、隣国の沢山のイケメン王子にさらわれてしまったり、恋のライバルからの執拗な嫌がらせがあった...

  • 電子コミック

    海野つなみさんの漫画は、回転銀河から好きだったけど、逃げるは恥だが役に立つは本当に面白い!特に独身30代女性にはグッとくる。一人の時間がながくて、恋愛から遠ざか...

  • 電子コミック

    ドンケツはたーしさんが描いている北九州小倉を舞台にした迫力満点のヤクザ漫画です(ヤングキングコミックスで連載)。主人公の沢田マサトシ(通称ロケマサ)は北九州のヤ...

  • 電子コミック

    全く将棋のこと、ルールもわからないけれど、どっぷりとはまっている漫画です。登場人物一人一人にちゃんとストーリーごあって丁寧にエピソードが描かれていること、表の顔...

王家の紋章がお勧め

現代の考古学が好きなキャロルという主人公がエジプトのファラオと恋に落ち、隣国の沢山のイケメン王子にさらわれてしまったり、恋のライバルからの執拗な嫌がらせがあったり、深い話ではないのですが、恋愛まんがの王道といった感じでキュンとくるつぼを心得ています。ラブラブになるたびにさらわれ、危険が迫ればファラオが危機一髪助けてくれるのです。ファラオもかっこいいのですが、主人公を狙う王子たちも魅力的な男性ばかり。さらわれてもいいんじゃないかと思うほどです。

 

さらわれた国々では、さまざまな文化が花開いており読んでいても知識が広がっていくようです。世界史の勉強にもなるかもしれません。過去のエジプトの世界だけでなく、たまに現代に戻ってきてしまったりといろんな軸で話が進みます。ふつうの恋愛ものよりスケールが大きくて、必ずはまれる作品だと思います。美しい表紙の絵も見所です。いつもと違う少女漫画を読みたいならこの作品がお勧めです!PRサイト:ガリガリ娘を拾ったら

逃げるは恥だが役に立つ

海野つなみさんの漫画は、回転銀河から好きだったけど、逃げるは恥だが役に立つは本当に面白い!特に独身30代女性にはグッとくる。一人の時間がながくて、恋愛から遠ざかってしまった人には男女問わずオススメ。恋愛下手だけどなんとなく結婚したいようなしたくないような人にも。就職がうまくできなかった主人公のみくりが、ひょんなことから契約結婚をした平匡さんとの共同生活をしていくうちに、恋愛感情がめばえるんだけど、平匡さんも恋愛感情があるんだけど、草食男子すぎてなかなか前に進まない感じがリアルでたまらない!今の人って、結婚しなくてもいいという風潮があって、昔みたいにおせっかいおばさんがいない状態で、というのが普通だけど、みんな結婚はしたいと思う。でもドラマや漫画みたいな恋愛が普通ってのも蔓延していて。実際のときめきって、こういったことなのかもっていう日常生活で得られるドキドキ感が最高な作品です。続きが気になって仕方ない!PRサイト:ガリガリ娘を拾ったらムチムチ美女になりまして

ドンケツ

ドンケツはたーしさんが描いている北九州小倉を舞台にした迫力満点のヤクザ漫画です(ヤングキングコミックスで連載)。主人公の沢田マサトシ(通称ロケマサ)は北九州のヤクザ組織月輪会孤月組に所属する45歳平役。20年前敵対する組織に単独で乗り込みロケットランチャーを撃ち込んなことでロケットランチャーのマサ、略してロケマサと恐れられることになりました。

 

ロケマサはシノギが恐喝一本でそこらのヤクザやチンピラを見つけるとお金を巻き上げます。そんなロケマサですがどこか一本筋の通った男でそこがこの主人公の魅力でもあります。孤月組は腕っぷしの良い者しか入れないほど強いです。組長である渡瀬のことをロケマサは慕っており、渡瀬やライバルであり相棒の組員、山倉慎之介(通称チャカシン)との絡みがとても面白いです。作中では昔気質のヤクザが多いですが、話が進むとともに任侠道から外れるヤクザも出てきます。そんなヤクザたちとの長引くか抗争が始まり、これからどの様に決着がつくかドキドキです。おすすめ⇒魚人に孕まされた南国美少女

3月のライオン

全く将棋のこと、ルールもわからないけれど、どっぷりとはまっている漫画です。登場人物一人一人にちゃんとストーリーごあって丁寧にエピソードが描かれていること、表の顔も裏の顔もあり、誰一人として完全な悪役がいないのも魅力の1つです。そんな優しい世界なのに、時として残酷な現実が突き付けられたりするので、ぎゅっと心を持っていかれてしまうのだと思います。学校生活では居場所を見つけられなかった主人公桐山零が、将棋を通じて学校外で世界を広げていく様は応援したくなります。学校生活が辛い学生さん、是非とも読んで欲しいです。学校と家だけが世界の全てではないと教えてくれます。主人公を取り囲む大人達もカッコいい人達ばかりで、イチオシは主人公の学校担任林田先生です。「でもが100個あってら開くドアがあったらいいが、そんなものはねーよ」と言い訳ばかり繰り返す主人公に林田先生が語った言葉です。これにはぐさりと来ました。何かやらない言い訳を考えそうになるときにこの言葉を思い出して、とりあえずやる方向に自分を持っていくようにしているほど、刺さりました。そんな言葉が他にも沢山散りばめられているので、どなたでもきっと触れるものがあるはずです。おすすめ⇒絡みつく視線